特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

絶好調の三浦佳生「軸を支配」して首位発進 スケートカナダ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子SPで演技する三浦佳生=カナダ・ミシソーガで2022年10月28日、吉田航太撮影
男子SPで演技する三浦佳生=カナダ・ミシソーガで2022年10月28日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日、カナダのミシソーガで開幕し、男子ショートプログラム(SP)では、17歳、三浦佳生選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が94・06点の首位だった。前週のスケートアメリカの2位に続いて安定した滑りを見せて、GPシリーズ2戦連続表彰台を射程圏にとらえた。演技後の三浦選手の談話は次の通り。

中2病みたいだけど…

 GOE(出来栄え評価)での取りこぼしがあった。ジャンプなどでごたついてしまったが、まとめることができて良かった。(演技後にガッツポーズをしたのは)すごく調子が良かった分、本番で失敗したら嫌だなという考えが頭にあったので。そういったものからの解放(感)があって。スピン、ステップにも力を入れてレベル4(評価)がとれたので良かったです。スケートアメリカより全然良いです。

 (好調の理由は)分からないです。ケンタッキー(フライドチキン)かも。あと僕、…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文949文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集