特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

決勝は山梨学院vs専大松戸 慶応敗れる 秋季高校野球・関東大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球秋季関東大会準決勝で、専大松戸は延長十回2死一、三塁から上迫田優介が決勝点となる左中間への2点二塁打を放った=埼玉県営大宮公園野球場で2022年10月29日午後3時43分、浅妻博之撮影 拡大
高校野球秋季関東大会準決勝で、専大松戸は延長十回2死一、三塁から上迫田優介が決勝点となる左中間への2点二塁打を放った=埼玉県営大宮公園野球場で2022年10月29日午後3時43分、浅妻博之撮影

 高校野球の秋季関東大会は29日、埼玉県営大宮公園野球場で準決勝があり、第2試合で専大松戸(千葉)が慶応(神奈川)を延長十回の末、5―3で降して30日の決勝で山梨学院と対戦することが決まった。

 今大会は来春の選抜大会の出場校を選考する際の資料となる。第1試合は山梨学院が健大高崎(群馬)を5―2で破った。

 専大松戸・持丸修一監督 (延長十回に決勝打を放った上迫田は)練習試合でもチャンスでチームを救ってくれることが多かったので、打ってくれると信じていた。笑わない子なので「にこやかにやりなさい」と言って送り出した。弱いチームが粘れるようになって気持ちの入った野球ができるようになった。

 専大松戸・上迫田優介選手 (延長十回の2点適時二塁打について)追い込まれていたので、食らいついていこうと思った。(2死から)つないでくれたので、絶対に打つ自信があった。自分はポーカーフェースなところがあるけど、笑うことでリラックスできるんだなと実感できた。

 専大松戸・平野大地投手 (六回途中から救援して)変化球が多めになったが、真っすぐの質が良くてボールが走っていた。(慶応の)清原選手は中学時代から対戦したことがあって、絶対に打たれたくなかったので、内角を意識して攻めた。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集