特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

大混戦の日本シリーズ ホームラン数に見る頂上決戦の歴史

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】日本シリーズ第1戦の八回裏ヤクルト無死、本塁打を放ち指を突き上げる村上=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影
【ヤクルト-オリックス】日本シリーズ第1戦の八回裏ヤクルト無死、本塁打を放ち指を突き上げる村上=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

 劣勢でも一瞬で試合の流れを変えるのが本塁打である。今年の日本シリーズも、中盤戦まで、やはり勝敗に大きく関わっていると言っていいだろう。

 ヤクルトは第1戦で塩見泰隆、オスナ、村上宗隆の3発で押し切り、第2戦は3点を追いかける九回に代打・内山壮真の同点3ランで引き分けに持ち込んだ。3戦目も2試合ノーヒットだった山田哲人の先制3ランで主導権を握った。

 一方、両チームとも一発の快音が聞かれなかった4戦目はオリックスが1―0で制すると、5戦目でも本塁打が流れを変えた。オリックスの4番・吉田正尚が今シリーズチーム初本塁打となる勝ち越しソロを放ち、九回には劇的なサヨナラ2ラン。チームを勢いづける価値あるアーチだった。

 日本シリーズの歴史をひもとくと、…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文864文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集