特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「サッカー王国」静岡出身は過去最少1人 サッカーW杯日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
静岡出身の(左から)中山雅史、長谷部誠、伊藤洋輝
静岡出身の(左から)中山雅史、長谷部誠、伊藤洋輝

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に臨む日本代表26人が発表され、「サッカー王国」と呼ばれる静岡からの選出は、DF伊藤洋輝(シュツットガルト)のみ。前回までの6大会を含め、過去最少となった。

 今回、静岡市をホームとする清水エスパルスから選出されたGK権田修一は東京都出身ながら、記者会見で静岡出身の選手が1人であることや、清水所属の選手としては自身が2010年南アフリカ大会の岡崎慎司(現シントトロイデン)以来12年ぶりの選出となったことについて語った。

 「これだけサッカーのニュースがたくさん流れる街はなかなかない。ただ、そのポテンシャルを生かせていないと思う。もっと良い方向に持って行きたい。02年(日韓)大会は(清水から)4人選ばれている。そういうことがあってこそのサッカー王国。そこにまた向かっていくためには、いろいろしないといけない。ポテンシャルはある街だと思っている」などと話した。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1096文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集