特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「特大アーチ」「優勝を」社会人野球日本選手権、注目6選手が意気込み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大会への意気込みを語る選手たち。(右から)日本製鉄鹿島・大津亮介投手、東京ガス・益田武尚投手、鷺宮製作所・小孫竜二投手、ENEOS・度会隆輝外野手、大阪ガス・河野佳投手、Honda熊本・古寺宏輝内野手=大阪市内で2022年10月29日、伝田賢史撮影
大会への意気込みを語る選手たち。(右から)日本製鉄鹿島・大津亮介投手、東京ガス・益田武尚投手、鷺宮製作所・小孫竜二投手、ENEOS・度会隆輝外野手、大阪ガス・河野佳投手、Honda熊本・古寺宏輝内野手=大阪市内で2022年10月29日、伝田賢史撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会の開幕を前に29日、今夏の都市対抗野球大会で橋戸賞(最優秀選手賞)に輝いたENEOSの度会隆輝外野手や、プロ野球・広島からドラフト3位指名された東京ガスの益田武尚投手ら6選手が大阪市内で記者会見した。主なコメントは以下の通り。

勝利に導く一本を

ENEOS・度会隆輝外野手

 都市対抗で優勝できたのはうれしいが、日本選手権は別の大会。必ず優勝するつもりで練習してきた。都市対抗では4本のホームランを打てたが、甘い球を見逃したり、ファウルもあった。ミスショットをなくすことを、この2カ月取り組んできた。チームを勝利に導けるような一本を打ちたい。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1037文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集