川崎、逆転での3連覇へ「勝つしかない」 ベテランの執念で3連勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
後半、川崎の家長昭博がPKからゴールを決める=川崎・等々力陸上競技場で2022年10月29日、宮間俊樹撮影
後半、川崎の家長昭博がPKからゴールを決める=川崎・等々力陸上競技場で2022年10月29日、宮間俊樹撮影

○川崎2―1神戸●(29日・等々力)

 川崎はベテランの執念で勝利をもぎ取った。

 後半に追いつかれ、他会場の首位横浜マは大量リードする展開。このままでは優勝を逃す状況で、35歳のFW小林悠がペナルティーエリアギリギリの場所で相手選手に倒された。最初はFKの判定だったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定でPKになった。

 重圧がかかる中、キッカーを託された36歳のFW家長昭博は左足でしっかりと決め、右こぶしで地面をたたいて喜びを爆発させた。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文477文字)

あわせて読みたい

ニュース特集