オールブラックス、「ラグビー世界最高峰」の意地見せて逃げ切り勝ち

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ニュージーランド】後半、パスを出すニュージーランド代表のアーロン・スミス=東京・国立競技場で2022年10月29日、西夏生撮影
【日本-ニュージーランド】後半、パスを出すニュージーランド代表のアーロン・スミス=東京・国立競技場で2022年10月29日、西夏生撮影

 ラグビーのテストマッチ「リポビタンDチャレンジカップ」は29日、東京・国立競技場で行われ、日本代表はニュージーランド(NZ)代表に31―38で惜敗した。

 「ラストワンプレー」を知らせるホーンが鳴った時点で、リードはわずかに4点。NZはそこから世界最高峰の意地を見せた。

 逆転を狙う日本の攻撃に冷静に対処し、反則を誘う。最後はSOモウンガがPGをきっちり決め、試合終了の笛を聞いた。後半26分に危険なプレーでロックのレタリックが退場となる我慢の展開をしのいだ。

 全員が多様な動きで、相手の隙間(すきま)を攻める。前半32分、ラインアウトからパスを受けたWTBリースがスペースを縫うように独走トライ。後半2分にも左方向へ広くパスをつなぎ、WTBクラークがインゴールに運んで得点力を見せつけた。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文629文字)

あわせて読みたい

ニュース特集