韓国劇作家オ・セヒョクさんの風刺コメディー紹介 東京・下北沢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
洪明花さん(左)とオ・セヒョクさん=洪明花さん提供
洪明花さん(左)とオ・セヒョクさん=洪明花さん提供

 韓国の劇作家オ・セヒョクさんの風刺コメディーを紹介する「韓国戯曲朗読まつり」の第1弾が11月7、8日、東京・下北沢のOFF・OFFシアターである。俳優・翻訳家の洪明花さんが企画・翻訳。3作品をそれぞれ3人の演出家が手がける。

 洪さんがオさんに初めて出会ったのは2014年、韓国留学中だったという。「大学路(テハンノ)で彼の公演を見て、天才だと思いました(笑い)」。作品の…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

ニュース特集