エリザベス女王死去 旧植民地ルーツ、在日インド人が思うこと

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エリザベス女王の死去を悼み、バッキンガム宮殿前で花を手向ける人=ロンドンで2022年9月9日、宮川裕章撮影
エリザベス女王の死去を悼み、バッキンガム宮殿前で花を手向ける人=ロンドンで2022年9月9日、宮川裕章撮影

 まもなく安倍晋三元首相の国葬を検証する与野党協議会が始まる。賛否が大きく割れた日本の国葬と異なり、英国のエリザベス女王が9月8日に死去した際、国葬について、日本のメディアは女王のその足跡をほぼ好意的に報じた。しかし、女王は、過酷な植民地支配という、大英帝国の負の歴史を背負う存在でもある。日本の報道に、旧植民地のインドにルーツを持つ男性は何を思ったのか。各国のメディアは何を伝えたのか――。【大野友嘉子】

この記事は有料記事です。

残り3303文字(全文3506文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集