特集

ソウル雑踏事故

ソウルの路上で2022年10月29日、多くの人々が折り重なるように転倒、150人以上が死亡する雑踏事故が発生。

特集一覧

ソウル雑踏事故で犠牲の日本人は北海道出身の26歳 親族に連絡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
人々が押し合いとなった路地=ソウルで2022年10月30日、渋江千春撮影
人々が押し合いとなった路地=ソウルで2022年10月30日、渋江千春撮影

 ソウル市の繁華街・梨泰院(イテウォン)の路上で29日夜に起きた雑踏事故で、亡くなった日本人の一人は北海道根室市出身の女性(26)だと親族に連絡があったことが30日、毎日新聞の取材で明らかになった。女性は冨川芽生(めい)さん。同市に住む父親で根室市議の歩さん(60)は外務省と連絡を取り合っており、臨時のパスポートで31日に現地に向かうという。

 歩さんは「30日の夕方、指紋が一致して確認されました。残念です。まさか、自分の娘がこんなことになるとは」と嘆いた。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文696文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集