特集

三浦璃来・木原龍一組|Fun!フィギュア

北京五輪では日本勢初入賞の7位。3月の世界選手権は日本勢最高の2位。愛称「りくりゅう」がペアの歴史を塗り替える

特集一覧

リンクサイド

りくりゅう優勝 支え合い、唯一無二のペアに進化 スケートカナダ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ペアフリーで演技する三浦璃来、木原龍一組=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影
ペアフリーで演技する三浦璃来、木原龍一組=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は29日、カナダのミシソーガでペアのフリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の三浦璃来選手、木原龍一選手組(木下グループ)がフリー138・03点、合計212・02点で優勝した。

 SPを首位発進した三浦選手、木原選手の「りくりゅう」組は、日本ペア初のGP制覇に向け、初披露となるフリーの演目を細やかに、そして力強く演じ切った。

 三浦選手が左肩を脱臼し、2カ月間ほとんど一緒に練習できなかったりくりゅう組。今大会で首位発進を果たしたSPは先行して練習していたが、フリーは着手が遅れ今大会を迎えた。フリー最後のリフトは、三浦選手の肩に負担が掛からないような形式に改良された。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文556文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集