特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

逆転Vの宇野昌磨「すごく収穫があった」 スケートカナダ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
表彰式を終えた宇野昌磨=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影
表彰式を終えた宇野昌磨=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日(日本時間30日)、カナダのミシソーガで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)が183・17点で1位となり、合計273・15点で逆転優勝を果たした。宇野選手はGPシリーズ通算7勝目。次戦の第5戦、NHK杯(11月18~20日、札幌市)で4年ぶりのファイナル(12月8~11日、イタリア・トリノ)を目指す。【ミシソーガ芳賀竜也】

 演技後の宇野選手の談話は次の通り。

気持ちよくフリーを迎えた

 フリーは大きく言えば、失敗したジャンプは、最後の4回転トーループだけであったんですけれども、やはり全体的にちょっとおぼつかないところが多く目立ったなと。

 でも、昨日、課題と言った4回転トーループのコンビネーションというものが、やはりコンビネーションを練習しているだけあって、一つ目さえ(体の軸を)止めてしまえばきれいに跳ぶことができた。SPで失敗したトーループをいろいろ考えた末に、…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文951文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集