特集

渡辺倫果|Fun!フィギュア

昨季の全日本選手権はフリーでトリプルアクセルを決めて6位と。自己最高順位を大きく更新した。今季は更なる飛躍を目指す

特集一覧

りくりゅうGP初優勝 宇野昌磨、渡辺倫果も逆転V スケートカナダ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
表彰式で笑顔を見せる三浦璃来、木原龍一組=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影
表彰式で笑顔を見せる三浦璃来、木原龍一組=カナダ・ミシソーガで2022年10月29日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は29日、カナダのミシソーガで各種目のフリーが行われ、ペアはショートプログラム(SP)1位の三浦璃来選手、木原龍一選手組(木下グループ)がフリー138・63点、合計212・02点で優勝を果たした。「りくりゅう」こと三浦、木原組はGP初優勝。日本ペアとしてもGP初制覇の快挙となった。

 女子はSP6位の渡辺倫果選手(法大)がフリー134・32点、合計197・59点で逆転優勝した。GPシリーズの初出場優勝は日本勢で紀平梨花選手(トヨタ自動車)に続き2人目。SP8位の紀平選手は5位、SP12位の横井ゆは菜選手(中京大)は8位。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文468文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集