特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

智弁和歌山が4強進出 社にコールド勝ち 秋季高校野球・近畿大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【社-智弁和歌山】力投する智弁和歌山の先発・吉川=紀三井寺公園野球場で2022年10月30日、大西岳彦撮影 拡大
【社-智弁和歌山】力投する智弁和歌山の先発・吉川=紀三井寺公園野球場で2022年10月30日、大西岳彦撮影

 高校野球の秋季近畿大会は30日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で準々決勝があり、智弁和歌山(和歌山1位)が社(兵庫3位)を7―0の七回コールドで破り、ベスト4進出を決めた。智弁和歌山は11月3日の準決勝で、報徳学園(兵庫1位)と対戦する。

智弁和歌山が七回コールドで社を破った=和歌山市内で2022年10月30日午後4時29分、大東祐紀撮影 拡大
智弁和歌山が七回コールドで社を破った=和歌山市内で2022年10月30日午後4時29分、大東祐紀撮影

 秋季大会は来春の選抜大会の出場校を選考する際の資料となる。近畿地区の一般選考枠は6校。【大東祐紀】

智弁和歌山・中谷仁監督

 (一回の先制は)日ごろからチャンスでいかに打つかを考えて練習しているので、その成果が出た。送りバント、エンドランなどいろいろ準備する中で、今日は送りバントを多く選択した。左打者にとって追い風が吹いていたのもあるが、(2試合連発の)中塚(遥翔選手)は自分のスイングができている。守備のミスはあったが、(先発左腕の)吉川(泰地投手)は丁寧に投げてくれた。去年の秋は近畿大会に出られず悔しい思いをしたので、次戦も慎重かつ大胆に戦っていけたらと思う。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集