リオ五輪金の「挑戦者」 ベイカー茉秋、復活V 柔道講道館杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子90キロ級決勝、向翔一郎(下)を破り優勝したベイカー茉秋=千葉ポートアリーナで2022年10月30日、丸山博撮影
男子90キロ級決勝、向翔一郎(下)を破り優勝したベイカー茉秋=千葉ポートアリーナで2022年10月30日、丸山博撮影

 柔道の講道館杯全日本体重別選手権は30日、千葉ポートアリーナで男子7階級が行われ、90キロ級はベイカー茉秋(日本中央競馬会)が優勝した。

 渇望していた勝利の味をかみ締めた。男子90キロ級は2016年リオデジャネイロ・オリンピック金メダルのベイカー茉秋が、度重なるけがを乗り越え頂点に立った。

 昨夏の東京五輪代表、向翔一郎(ALSOK)との決勝。向が隅返しを狙って引き込んだ瞬間を見逃さなかった。寝技に持ち込み…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

ニュース特集