特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「いつも以上に汗」大会第1号の選手、両脚つり途中交代 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大和高田クラブ-日本製鉄鹿島】四回表大和高田クラブ無死、松本が右越え本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月30日、山田尚弘撮影
【大和高田クラブ-日本製鉄鹿島】四回表大和高田クラブ無死、松本が右越え本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月30日、山田尚弘撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会が30日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕した。社会人野球の単独チーム日本一を決める大会は、11日間の日程で行われる。大会第1日の熱戦の様子をリポートする。

「ヨッシャー」も優しい笑顔

 開幕戦の第1試合は大和高田クラブと日本製鉄鹿島の1回戦。大和高田クラブが2―0で零封勝ちした。

 プロ野球の元近鉄監督で「ヨッシャー」の愛称で知られる佐々木恭介監督が「こういう勝ち方しかないと思っていた。よくやってくれた」と優しい笑顔を見せるほど、理想的な投手戦だった。

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1686文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集