SMBC日興、最大赤字 9月中間、相場操縦事件が打撃

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
SMBC日興証券本店に下りたシャッター=東京都千代田区で2022年4月2日、松井勇人撮影
SMBC日興証券本店に下りたシャッター=東京都千代田区で2022年4月2日、松井勇人撮影

 SMBC日興証券が31日発表した2022年9月中間連結決算は、最終(当期)損益が94億円の赤字(前年同期は325億円の黒字)だった。09年の三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下入り後、中間決算として過去最大の赤字となる。相場操縦事件の収益への打撃が想定より大きかった。

 相場操縦事件の影響額は中間決算で約250億円に…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集