特集

ソウル雑踏事故

ソウルの路上で2022年10月29日、多くの人々が折り重なるように転倒、150人以上が死亡する雑踏事故が発生。

特集一覧

「まさかこんなことに」 ソウル雑踏事故、犠牲者の祖父が心境語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
転倒事故に巻き込まれ、担架で運ばれる負傷者ら=ソウルで2022年10月30日午前1時すぎ、渋江千春撮影
転倒事故に巻き込まれ、担架で運ばれる負傷者ら=ソウルで2022年10月30日午前1時すぎ、渋江千春撮影

 韓国の首都ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で発生した雑踏事故で亡くなったとみられる日本人の一人、小槌杏さん(18)の祖父は10月31日、埼玉県川口市の自宅で、インターホン越しに毎日新聞などの取材に応じた。「突然のことで、悲しいだけで言葉もない。かわいい子だった。まさかこんなことになるなんて、思…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集