ハロウィーン 仮装の若者であふれる大阪・ミナミ 警察も厳戒態勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
仮装した若者らでにぎわう道頓堀の戎橋=大阪市中央区で2022年10月31日午後7時7分、藤井達也撮影
仮装した若者らでにぎわう道頓堀の戎橋=大阪市中央区で2022年10月31日午後7時7分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの行動制限がない中で迎えたハロウィーンの31日、大阪・ミナミの繁華街は仮装した若者らで混雑した。韓国・ソウルの雑踏事故を受け、大阪府警は事故前に最大200人を予定していた要員を増強し、厳戒態勢で警備にあたった。

 大阪市の松井一郎市長は同日の記者会見で「危険な行為はやめて慎重に行動してほしい」と呼び掛けた。

 31日午後7時ごろ、ミナミの中心部・道頓堀川に架かる戎(えびす)橋は、アニメの人気キャラクターやゾンビの仮装をした若者らであふれ、なかなか前に進めない状態になった。ソウルの事故が狭い勾配のある路地で発生したことから、府警は戎橋の両端に設けられたスロープに複数の警察官を配置。拡声器を使って「ここは道が狭いので立ち止まらないでください」などと呼び掛けた。

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集