大相撲九州場所 番付発表 カド番・正代、ご当所で奮起目指す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大相撲九州場所
大相撲九州場所

 大相撲九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)の新番付が31日、発表された。秋場所を途中休場した東横綱・照ノ富士は10月中旬に両膝の内視鏡手術を受け、動向が注目される。西大関・正代は7月の名古屋場所以来のカド番。熊本県出身で、ご当所とも言える九州場所で奮起を目指す。

 三役陣は、1974年秋場所以来の3関脇4小結。大関から陥落した西関脇・御嶽海は10勝以上すれば大関に復帰できる。秋場所で2回目の優勝を果たした東小結・玉鷲は関脇だった2019年名古屋場所以来の三役に復帰した。37歳11カ月での三役昇進は、戦後3番目の年長記録となっ…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

あわせて読みたい

ニュース特集