嘉手納の米軍基地、F15戦闘機を2年かけ退役 F22を巡回配備へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
浜田靖一防衛相
浜田靖一防衛相

 浜田靖一防衛相は1日午前の記者会見で、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に配備されているF15戦闘機を今後約2年間で順次退役させ、代わりにステルス戦闘機F22を巡回配備させるとの説明を米側から受けたと明らかにした。

 数週間以内に十数機のF15が米国に帰還し、代わりに暫定措置として同規模のF22が…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

あわせて読みたい

ニュース特集