JR九州、3期ぶり黒字 コロナ禍から回復傾向 9月中間決算

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR九州本社=福岡市博多区で、石田宗久撮影
JR九州本社=福岡市博多区で、石田宗久撮影

 JR九州が1日発表した2022年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比20・2%増の1701億円、最終(当期)利益は120億円(前年同期は20億円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍で大きく減った鉄道やホテルの収入が回復傾向にあるためで、中間決算の黒字は3期ぶり。

 不動産の販売も堅調に推移し、営業利益は…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文366文字)

あわせて読みたい

ニュース特集