家庭向け電気料金 東電も本格値上げ検討 3社はすでに表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京電力=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
東京電力=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 東京電力ホールディングス(HD)は1日、家庭向け電気料金の本格値上げを検討すると発表した。資源価格の高騰と急激な円安進行で燃料調達コストが膨らみ、業績が悪化しているため。本格値上げは福島第1原発事故で収益が悪化した2012年9月以来となる。

 本格値上げを検討するのは「規制料金」と呼ばれる家庭向け電気料金で、値上げには国の認可が必要。認可に際しては、人件費削減や役員報酬カットなど経営努力が求められる…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

ニュース特集