岡山・倉敷の鳥インフル 16万9000羽の殺処分終了

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岡山県庁=益川量平撮影
岡山県庁=益川量平撮影

 岡山県は1日、高病原性が疑われる鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された倉敷市の養鶏場で、約16万9000羽の殺処分を終えたと発表した。

 県によると10月27日、養鶏場から「死んでいる鶏が増えた」と連絡があり、その後の遺伝子検査で感染を確認。28日に殺処分を開始した。11月4日までに、この養鶏場…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい

ニュース特集