「隼」ずらり1500台 ライダーの聖地に3年ぶり集結 鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国から集まった「隼」のそばで記念写真を撮る参加者ら=鳥取県八頭町西谷の船岡竹林公園で、山田泰正撮影
全国から集まった「隼」のそばで記念写真を撮る参加者ら=鳥取県八頭町西谷の船岡竹林公園で、山田泰正撮影

 スズキの大型オートバイ「隼(はやぶさ)」のライダーが全国から集う「隼駅まつり」が10月30日、鳥取県八頭町で開かれた。町内を走る若桜鉄道の隼駅が、隼ライダーの「聖地」となっていることにちなんだ催しで、新型コロナ禍で中断していたため3年ぶりの開催。メイン会場の船岡竹林公園(同町西谷)には1500台、約1800…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集