沖縄の人を見せ物に…「人類館事件」題材の戯曲、8年ぶりリアル上演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「喜劇 人類館」の出演者と演出担当者=那覇市で2022年10月11日午後8時21分、比嘉洋撮影
「喜劇 人類館」の出演者と演出担当者=那覇市で2022年10月11日午後8時21分、比嘉洋撮影

 沖縄の人が見せ物として大阪の博覧会で陳列された1903(明治36)年の「人類館事件」を題材にした戯曲が3~6日、那覇市で演じられる。戯曲は2021年2月にも上演されたが、当時は新型コロナウイルス禍の中、オンライン配信のみで、今回は8年ぶりに観客の前で披露される。劇中にはこんなセリフがある。「彼らはなにゆえに差別されるのでありましょうか」。戯曲は人の内面に潜む差別的なまなざしを問う。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1402文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集