「ノリで差別、に気持ち悪さ」 見えにくい問題に斬り込むZ世代

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入管の人権侵害行為に対して抗議の声をあげるMoving Beyond Hateのメンバー。左がトミー長谷川さん=同団体提供
入管の人権侵害行為に対して抗議の声をあげるMoving Beyond Hateのメンバー。左がトミー長谷川さん=同団体提供

 外国人や障害者など社会的な少数者、弱者に向けられる有形無形の差別。そんな不正義に対してはっきり「NO」と声をあげ、差別と闘う若者たちがいる。差別事案の相談を引き受け、非人道的な扱いに苦しむ人々に寄り添いながら、問題解決に向けて取り組む学生団体「Moving Beyond Hate」。活動にかける思いに迫った。【中央大・朴泰佑(キャンパる編集部)】

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2069文字)

あわせて読みたい

ニュース特集