新たな秋の光景、ギンザケ稚魚の「沖出し」 海面養殖進む岩手・大槌

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岩手県大槌町で1日、ギンザケの稚魚を湾内のいけすに移す「沖出し」が始まった。同県三陸沿岸では近年、ギンザケやトラウトサーモンの海面養殖が進められており、11月上旬は稚魚の移動に取り掛かる時期。秋サケの不漁が続く中、沖出しが新たな秋の光景になろうとしている。

 同町桃畑地区の養魚場では、重さ200グラムほどの稚魚を専用ポンプ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集