将棋新人王戦 服部慎一郎五段が初優勝 黒田尭之五段を降す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
将棋の第53期新人王戦で優勝した服部慎一郎五段=大阪市福島区の関西将棋会館で2022年11月1日、新土居仁昌撮影
将棋の第53期新人王戦で優勝した服部慎一郎五段=大阪市福島区の関西将棋会館で2022年11月1日、新土居仁昌撮影

 将棋の第53期新人王戦(しんぶん赤旗主催)第3局が1日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、服部慎一郎五段(23)が黒田尭之五段(26)を144手で降し、開幕戦を落とした後、2連勝の逆転で初優勝した。一般棋戦の優勝は2021年度の第11期加古川青流戦に続き2回目。

 服部五段は富山市出身。中田章道七段門下…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文329文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集