特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

旧統一教会の提訴は「スラップ訴訟」 弁護士グループが批判声明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧統一教会による相次ぐ提訴を批判する沢藤統一郎弁護士(中央)=東京都千代田区の司法記者クラブで2022年11月1日午後2時22分、遠藤浩二撮影
旧統一教会による相次ぐ提訴を批判する沢藤統一郎弁護士(中央)=東京都千代田区の司法記者クラブで2022年11月1日午後2時22分、遠藤浩二撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が情報番組のコメンテーターの発言で名誉を傷つけられたとしてテレビ局などに相次いで損害賠償請求訴訟を起こしたことを受け、弁護士グループが1日、東京都内で記者会見し「言論封じを目的とした典型的なスラップ(どう喝)訴訟だ」と批判する声明を出した。

 東京弁護士会の沢藤統一郎弁護士らが中心となって呼び掛け、弁護士や大学教授ら計271人が賛同しているという。…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集