ユネスコ無形文化遺産 「野原八幡宮風流」の地元・荒尾市民歓喜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊本県荒尾市の野原八幡宮風流(川登地区)の様子=同市提供
熊本県荒尾市の野原八幡宮風流(川登地区)の様子=同市提供

 地域の踊りとして伝承されてきた熊本県荒尾市の「野原(のばら)八幡宮風流」や、宮崎県五ケ瀬町の「五ケ瀬の荒踊」など41件の民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなったことを受け、地元からは喜びの声が聞かれた。

 野原八幡宮風流は、荒尾市の菰屋(こもや)、野原、川登(かわのぼり…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集