訪問介護ヘルパー国賠訴訟、原告の請求棄却 東京地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
訪問介護ヘルパーの労働条件を巡る国賠訴訟の判決後に「不当判決」と訴える原告ら=東京都千代田区で2022年11月1日、吉永磨美撮影
訪問介護ヘルパーの労働条件を巡る国賠訴訟の判決後に「不当判決」と訴える原告ら=東京都千代田区で2022年11月1日、吉永磨美撮影

 訪問介護ヘルパーの労働環境が劣悪なのは、賃金の支払い実態が労働基準法に違反しているのに国が放置し、規制しなかったからだとして、ヘルパーの女性3人が国に未払い賃金など計990万円を求めた国家賠償訴訟の判決があった。東京地裁(高木勝己裁判長)は1日、原告の請求を棄却した。

 訴えたのは、東京都の藤原路加さん(66)と伊藤みどりさん(7…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

ニュース特集