特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

楽天ドラ2右腕・小孫 150キロ連発で夏の雪辱 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鷺宮製作所-NTT西日本】力投する鷺宮製作所の先発・小孫=京セラドーム大阪で2022年11月1日、中川祐一撮影
【鷺宮製作所-NTT西日本】力投する鷺宮製作所の先発・小孫=京セラドーム大阪で2022年11月1日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第3日の1日、京セラドーム大阪で1回戦が行われ、鷺宮製作所がNTT西日本を5―1で降し、2大会ぶりに2回戦に進んだ。今秋のプロ野球・ドラフト会議で楽天から2位指名を受けた鷺宮製作所の剛腕が先発し好投した。

楽天5位、平良を3球三振

 今秋のプロ野球・ドラフト会議で楽天から2位指名された鷺宮製作所の剛腕・小孫竜二。がっちりとした上半身から繰り出す豪速球が最大の武器だ。大舞台でも「らしさ」を発揮したばかりか、「真っすぐが良かった」と振り返るように、自慢の直球をアップデートしてみせた。

 一回。先頭打者への1球目から150キロを披露すると、その後も外角に直球を続け4球で遊ゴロに仕留める。2人目は大きく曲がる外角のスライダーで空振り三振に切り、次打者の3球目には自己最速を1キロ上回る156キロを計測。4球目のスライダーで見逃し三振を奪うと、ゆっくりとベンチに戻った。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文910文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集