タッキー電撃退社 ジャニーさんと旧知の教授が語る背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジャニーズ事務所が入るビル
ジャニーズ事務所が入るビル

 「どうして!?」。ファンや関係者に衝撃が走った――。ジャニーズ事務所が1日に発表した滝沢秀明副社長(40)の事務所退社。創業者のジャニー喜多川さんが2019年に亡くなって以降、後継者として尽力したタッキーに何があったのか。ジャニーさんと親交があった江戸川大の西条昇教授(芸術学)にタッキーが残した功績と突然の退任劇の背景を聞いた。【油井雅和】

 ――本題に入る前に、西条さんとジャニーズの関わりについて改めて教えてください。ツイッターで「西条昇教授のジャニーズ研究ゼミ」を立ち上げるなど、ジャニーズとの縁は長いですね。

この記事は有料記事です。

残り2453文字(全文2712文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集