特集

KDDI通信障害

通信大手KDDIで2022年7月2日未明、大規模な通信障害が発生。影響は最大約3915万回線に上りました。

特集一覧

KDDI、通信障害対策に500億円投資 AIで障害検知や復旧

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
通信障害対策について記者会見で説明するKDDIの高橋誠社長=KDDI提供
通信障害対策について記者会見で説明するKDDIの高橋誠社長=KDDI提供

 KDDIは2日、7月に発生した大規模な通信障害の対策として、今後3年間で500億円を投資すると発表した。通信制御をソフトウエアが行う技術や人工知能(AI)による障害検知・復旧システムを導入する。同日の決算記者会見で高橋誠社長は「スマートフォンは代替の利かない重要な基盤だと改めて感じた。信頼のネットワークを作っていきたい」と述べた。

 7月2日に起きた大規模な通信障害では全国で3091万人以上が、61時間25分にわたり音声通話やデータ通信を利用しづらい状態が続いた。金融機関の現金自動受払機(ATM)や物流などにも影響した。KDDIは総務省から行政指導を受けており、対応策をまとめた報告書を1日に同省に提出した。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文649文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集