米FRB、政策金利0.75%引き上げ インフレ抑制を優先

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで

 米連邦準備制度理事会(FRB)は2日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。利上げ幅は従来の3倍の大きさで、6月会合以来、4会合連続。急ピッチの利上げによる景気後退が懸念されているが、引き続き記録的な物価上昇(インフレ)の抑制を優先した。

 金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)で決めた。…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集