引退の尼崎市長、退職を10日前倒し 新体制のため準備時間確保

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
稲村和美・尼崎市長=兵庫県尼崎市東七松町1の尼崎市役所で2020年1月15日午後5時24分、近藤諭撮影
稲村和美・尼崎市長=兵庫県尼崎市東七松町1の尼崎市役所で2020年1月15日午後5時24分、近藤諭撮影

 兵庫県尼崎市の稲村和美市長は1日、任期満了の12月11日より早く12月1日に退職すると発表した。現行のままでは新市長の就任時期から市議会12月定例会開催までの日程が短く市長にも議員にも準備時間が足りないため、より充実した議論の場にする目的だという。

 地方自治法では、市長が定例会の開会7日前に議会の招集を告示する。その際、提案…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集