連載

星空と宇宙

星空と宇宙の美しさを写真記者がお届けします。

連載一覧

星空と宇宙

都会の夜空に「星の雨」 月食撮影にも使える比較明合成の世界

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京スカイツリーの背後に昇る星々の光跡。2時間弱にわたり、2秒露光で撮影した画像2800枚を比較明合成して1枚の写真にしている=東京都台東区で2022年10月20日
東京スカイツリーの背後に昇る星々の光跡。2時間弱にわたり、2秒露光で撮影した画像2800枚を比較明合成して1枚の写真にしている=東京都台東区で2022年10月20日

 東京スカイツリーの背後に流れるたくさんの光跡――。

 写真の説明文に「比較明合成(ひかくめいごうせい)」という言葉を目にしたことはあるでしょうか。毎日新聞でも、星空や月食、花火などの写真説明で度々使われています。街明かりのない暗い場所で星空を眺めると、星の数に圧倒されます。でも都会では、本当にごく僅かの星しか見えません。連載企画「星空と宇宙」。今回は、そんな都会の夜空に「星の雨」を降らせる比較明合成の世界を紹介します。【写真・文 手塚耕一郎】

 冒頭に示した写真は、スカイツリーが間近に見られる東京の隅田川沿いで撮影しました。背後にたくさんの星の光跡が写っていますが、肉眼でこれほどの星々を眺めることはできません。

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1604文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集