生活習慣病の一因、「老化細胞」が蓄積する仕組み解明 東大など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
若いマウスの肺。白い点が老化細胞=東京大医科学研究所の中西真教授提供
若いマウスの肺。白い点が老化細胞=東京大医科学研究所の中西真教授提供

 脂肪性肝炎や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす一因とされる「老化細胞」が加齢に伴って肝臓などの臓器にたまる仕組みを、マウスやヒトの細胞を使った実験で見つけたと、東京大医科学研究所などのチームが明らかにした。老化細胞を取り除く免疫機能が、特定のたんぱく質の増加により妨げられた結果、蓄積していた。

 研究チームは、肝炎になったマウスに薬剤を投与し老化細胞の蓄積の進行を妨げることで、症状の改善も確認。3日の英科学誌ネイチャーで発表した。

 臓器内の一部の細胞は増殖が止まって老化細胞になる。それが蓄積すると炎症を起こす物質を出し続けるため、病気につながると考えられている。ただ、加齢に伴って蓄積する理由は分かっていなかった。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文936文字)

あわせて読みたい

ニュース特集