コンテナからヒアリ1万匹超 広島・福山で陸揚げ岡山へ 国内最多

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福山港で陸揚げされたコンテナから見つかったヒアリ=環境省提供
福山港で陸揚げされたコンテナから見つかったヒアリ=環境省提供

 広島県は2日、同県福山市の福山港で陸揚げされたコンテナから、強毒を持つ南米原産のヒアリが1万匹以上見つかったと発表した。環境省によると、国内で一度に確認された数としては過去最多。

 繁殖可能な女王アリも4匹以上含まれ、既に殺虫処分した。県と同省は港のコンテナターミナルを調査する。

 県によると、コンテナを積んだ船は9月1…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文272文字)

あわせて読みたい

ニュース特集