特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

日本通運の「オオタニサン」 積極性が生んだ2ラン 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【カナフレックス-日本通運】一回裏日本通運無死一塁、大谷が右越え2点本塁打を放ち、拳を突き上げる=京セラドーム大阪で2022年11月2日、山田尚弘撮影
【カナフレックス-日本通運】一回裏日本通運無死一塁、大谷が右越え2点本塁打を放ち、拳を突き上げる=京セラドーム大阪で2022年11月2日、山田尚弘撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第4日の2日、1回戦で日本通運がカナフレックスに10―0で七回コールド勝ちし、2回戦に進んだ。8年目の2番打者が強烈な先制パンチを浴びせた。

「絶対に甘い球が来る」

 日本通運の「オオタニサン」が4打点の活躍でチームを今大会初のコールド勝ちに導いた。30歳の大谷昇吾が一回に先制2ランを放ち、二回にも2点適時打。主導権をもたらした打撃は「定石」から生まれた。

 一回、先頭打者がストレートの四球で歩いた。次打者の大谷は考える。カナフレックスの先発・大西健太の立ち上がりは不安定だ。野球界には「四球の後の初球を狙え」という定石がある。四球は投手にとってミスのようなもので、連続で出したくない。次打者にはストライクから入りたくなる。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1005文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集