連載

中村文則の書斎のつぶやき

芥川賞作家・中村文則さんが、いろいろな場所の「書斎」から、さまざまなことをつぶやきます。

連載一覧

中村文則の書斎のつぶやき

洗脳なのか、記憶なき議員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村文則さん=本人提供
中村文則さん=本人提供

 イスラム教が誕生する前、古代のアラビア地方では、子供(特に女子)を生き埋めにする風習があったという。記録では偶像神を信じる者たちの行為とされているから、「宗教」であったと思われる。

 この風習は、イスラム教が誕生したことで禁止されたが、果たして子供を埋めるのも良しとする「宗教」が「信仰の自由」と言えるだろうか。

 彼らの信仰・風習を守るため、埋められる子供を見捨てるのだろうか。そんなわけがないだろう。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1557文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集