ネタニヤフ氏、1年ぶり復帰で「極右」政権誕生か 中東の波乱要因に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
支持者の集会で笑顔を見せるイスラエルのネタニヤフ元首相(右)=エルサレムで2日、ロイター
支持者の集会で笑顔を見せるイスラエルのネタニヤフ元首相(右)=エルサレムで2日、ロイター

 1日に投開票されたイスラエル総選挙で、右派「リクード」を率いるネタニヤフ元首相の陣営が勝利を確実とし、ネタニヤフ氏は約1年ぶりに首相に復帰する見通しとなった。今回はパレスチナ人の「追放」を検討する極右政党と連携しており、イスラエル史上最も「右派」の政権となりそうだ。国際社会の反発が予想される中、なぜネタニヤフ氏は極右と組んだのか。

 「国民はユダヤ人(を優先する)国家を求めた」。ネタニヤフ氏は2日、支持者との集会で、勝利の笑みを浮かべた。

 2009年から連続12年間、首相を務めたネタニヤフ氏。在任中、規制緩和を進めてイスラエルの経済成長を軌道に乗せたほか、パレスチナの武装組織やイランに強硬姿勢を示した。だが19年、収賄などの罪で起訴されると、右派の中でも支持が分かれ、求心力が低下。21年に敵対する右派、左派などが連立した政権に首相の座を明け渡した。

 こうした状況下で、ネタニヤフ…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2351文字)

あわせて読みたい

ニュース特集