砂浜にひらひら揺れるTシャツアート 和歌山・白浜で始まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
516枚のTシャツが飾られた白良浜=白浜町で2022年11月3日午後2時11分、竹内之浩撮影
516枚のTシャツが飾られた白良浜=白浜町で2022年11月3日午後2時11分、竹内之浩撮影

 全国から募集した絵や写真などをTシャツにプリントし、和歌山県白浜町の白良浜で展示する「白良浜deひらひらTシャツアート展」が3日、始まった。真っ白な砂浜で、青い海を背景に516枚のTシャツが潮風にそよぐ光景を来場者が眺めたり、写真を撮ったりしていた。6日までの午前10時~午後8時(最終日は午後4時まで)。無料。

 町や福祉・観光・経済団体などでつくる実行委員会が主催し、昨年に続いて2回目。Tシャツの縫製やデザインの印刷には地元の障害者施設の利用者も携わっており、障害者の賃金確保や障害への理解啓発、観光誘客につなげる狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集