首里城「令和の復元」を沖縄人の誇りに 未来への伝承願う専門家

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首里城を案内する名桜大特任教授の波照間永吉さん=那覇市で2022年10月28日午後1時42分、比嘉洋撮影
首里城を案内する名桜大特任教授の波照間永吉さん=那覇市で2022年10月28日午後1時42分、比嘉洋撮影

 2019年10月の焼失から3年。沖縄県民の「心のよりどころ」とされる首里城正殿(那覇市)の復元工事が3日、始まった。琉球文学を専門とする名桜大特任教授の波照間永吉(はてるま・えいきち)さん(72)は復元方針を決定する国の技術検討委員会の委員として「ウチナーンチュ(沖縄の人)が参加できる形での復元を」と呼び掛けてきた。26年に完成する正殿は県産の木材や塗料を使い、同時に職人の育成も図る。波照間さんは「復元がウチナーンチュのアイデンティティー確立に向けた第一歩になってほしい」と願う。

 沖縄が米国統治下から日本に復帰した1972年、波照間さんは琉球大学で国文学を学んでいた。当時の学舎があったのは、太平洋戦争末期の沖縄戦で焼失し、消えた首里城の跡地。首里城だけでなく、多くの歴史的建造物や美術工芸品が地上戦で失われ、目にする機会はほとんどなかった。

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1508文字)

あわせて読みたい

ニュース特集