東日本実業団駅伝 富士通が3年連続の優勝 2位はHonda

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする富士通のアンカー・飯田貴之=埼玉県熊谷市で2022年11月3日、北山夏帆撮影
1位でフィニッシュする富士通のアンカー・飯田貴之=埼玉県熊谷市で2022年11月3日、北山夏帆撮影

 来年元日の第67回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第63回東日本実業団対抗駅伝競走大会(毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に至る7区間76・9キロのコースで31チームが出場して行われ、2021年全日本大会優勝の富…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

ニュース特集