特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

三菱重工East、苦しんだ打線 強打復活の幕開け 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【JR西日本-三菱重工East】二回裏三菱重工East1死二、三塁、汐月の中前打で二塁から生還し喜ぶ矢野=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影
【JR西日本-三菱重工East】二回裏三菱重工East1死二、三塁、汐月の中前打で二塁から生還し喜ぶ矢野=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第5日の3日、京セラドーム大阪で1回戦が行われ、三菱重工EastはJR西日本に11―1で八回コールド勝ちを収めた。

若い力が打線に刺激

 貧打で苦しんだシーズン前半の面影はなかった。三菱重工Eastの打線は、試合開始直後から攻勢を強めて二回までに7得点。終わってみれば12安打で11得点を挙げ、八回コールドで完勝した。

 4点を奪って試合の流れを一気に引き寄せた一回は、1死二塁で打席に立った3番の汐月祐太郎が口火を切った。フルカウントから3球ファウルで粘った。「内角のボールもしっかり反応できている」と気持ちにゆとりがあった。9球目の内角高め150キロをコンパクトに振り抜き、右翼線にはじき返す適時二塁打で先取点を呼び込んだ。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文872文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集