文化を売り込む「クールジャパン機構」累積損失膨らむ 統廃合も視野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 2013年に設立され、日本の食やファッション、アニメといった文化を海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」の累積損失が膨らんでいる。設立当初から収益が上がらない中、新型コロナウイルス禍が追い打ちをかけたためで、11月中にも経営改善策をまとめる。それでも成果が出なければ組織の統廃合が視野に入りそうだ。

 機構は、国内市場が少子高齢化で縮小する中、海外で需要を開拓することを目的に、財務省と電通グループなどが出資するファンドとして発足した。海外に日本文化のファンをつくってモノの輸出を増やし、訪日客の増加にもつなげる狙いだった。

 だが…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文730文字)

あわせて読みたい

ニュース特集