SMBC日興社長、半年間無報酬に 相場操縦巡り 幹部も減給へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で頭を下げて謝罪するSMBC日興証券の近藤雄一郎社長。奥は猪瀬真哉常務執行役員=東京都千代田区で2022年3月24日午後、宮間俊樹撮影
記者会見で頭を下げて謝罪するSMBC日興証券の近藤雄一郎社長。奥は猪瀬真哉常務執行役員=東京都千代田区で2022年3月24日午後、宮間俊樹撮影

 株価を不当に操作した相場操縦事件を巡り、SMBC日興証券は4日、近藤雄一郎社長を半年間無報酬とする方針を固めた。関係者への取材で分かった。同社は親会社の三井住友フィナンシャルグループ(FG)と同日に記者会見を開き、社内処分の内容を発表する。三井住友FGも太田純社長など幹部陣を減給処分とする。日興の旧経営陣にも報酬返納を求める方針だ。

 日興は金融庁から一部業務の停止命令などの処分を受けており、同日、同庁に改善報告書を提出する。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集