SMBC日興、近藤社長を半年間無報酬に 相場操縦巡り社内処分発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
株価を不当に操作した相場操縦事件で金融庁に改善報告書を提出後、記者会見で謝罪するSMBC日興証券の近藤雄一郎社長(左)と親会社の三井住友FGの太田純社長=東京都千代田区で2022年11月4日午後4時2分、幾島健太郎撮影
株価を不当に操作した相場操縦事件で金融庁に改善報告書を提出後、記者会見で謝罪するSMBC日興証券の近藤雄一郎社長(左)と親会社の三井住友FGの太田純社長=東京都千代田区で2022年11月4日午後4時2分、幾島健太郎撮影

 株価を不当に操作した相場操縦事件を巡り、SMBC日興証券は4日、近藤雄一郎社長を半年間無報酬とするなど社内処分を発表した。日興の旧経営陣にも報酬返納を求める。親会社である三井住友フィナンシャルグループ(FG)も太田純社長など幹部陣を減給処分とする。

 日興は金融庁から一部業務停止命令などの処分を受け、三井住友FGも監督責任を問われた。両社は同日、金融庁に改善報告書を提出。同日夕には記者会見を開き、社内処分や改善報告書の詳細を説明する。

 事件は2019~21年、…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文508文字)

あわせて読みたい

ニュース特集